アメリカ、カルフォルニア州に建設中の天平山菩提心寺(てんぴょうざんぼだいしんじ)
アメリカ、カルフォルニア州に建設中の天平山菩提心寺(てんぴょうざんぼだいしんじ)、写真は現在建造中の伽藍の様子

一般社団法人 インターナショナルZENカルチュラルセンター(IZCC)では、代表理事の秋葉玄吾が中心となって進めているプロジェクト「天平山菩提心寺(てんぴょうざんぼだいしんじ)」プロジェクトを経済的かつ全面的に応援しております。

天平山菩提心寺(てんぴょうざんぼだいしんじ)は、曹洞宗渡米100周年記念事業として、アメリカのアメリカ・カルフォルニア州レイク郡にZENの真髄を学べる「くらせる修行道場」を作るプロジェクトです。

日本のZENを、よりよい形でアメリカに、世界に伝えたい。

建設中の様子。総ヒノキ造りの伝統的な日本建築を、日本人の宮大工の指揮の下、現地の職人さんたちと協力して建設を進めています。

当サイト、お越しいただきまして、ありがとうございます。

本ページでは、私どもが現在、展開しているプロジェクト「天平山菩提心寺プロジェクト」の想いや経緯などを紹介させていただけましたら幸いです。

プロジェクト設立背景

今アメリカで、古き良き日本文化が注目されており、茶道、華道、墨絵、和太鼓など、様々な分野で人々が活動しています。

そんな日本文化の中でも、特にアメリカで着実に広まっているのがZEN。しかし、我々は1つの課題を感じています。

それは、アメリカで展開されているZENは真の意味で禅の真髄を学ぶに至っていないことです。

ZENは、日常の喧騒を離れ、スピリチュアルな時間を過ごすことはできてても、真の禅を学ぶにはまだ足らず、我々はそこに「あるもの」を加えなければいけないと我々は考えております。

それは

「只管打坐 威儀即仏法 作法是宗旨(*読み方を入れる)」

つまり、知識としての禅を学ぶだけではなく日常の活動として禅の精神を体現することです。

例えば、坐禅をすることはもちろん

・朝の洗顔や食事、トイレ
・掃除、風呂
・睡眠

など、日常の生活のすべてを禅の精神で過ごすこと。

真の禅を学ぶのは、日常の立ち居ふるまい、一挙手一投足のなかに禅の精神を体現することが求められます。

正しいZENを世界に広めるために、アメリカにも真の禅の真髄を学べる場所(くらせる修行道場)を作る

アメリカにある多くのZENセンターでの修業は、部屋を用意して坐禅を組む、座学で考え方を教えるというスタイルがほとんどです。

しかし前述したように、ZENの真髄は、食事や掃除、挨拶や会話など、くらしの中で体感する「気づき」から得られるものです。

そこで私たちは、日本のZENの真髄をアメリカに広めるべく、ライフスタイルからZENの真髄を学ぶ「くらせる修行道場」“天平山菩提心寺”を建設することにいたしました。

七堂伽藍の整った伝統的な木組み建築を用いたZENの修行道場

“天平山菩提心寺”はアメリカのカルフォルニア州レイク郡にある東京ドーム約9.5個分(13万5千坪)の土地に現在、建設しています。(○○年完成予定)

建築は、七堂伽藍の整った伝統的な木組み建築を用い、総ヒノキ造りの伝統的な日本建築を、日本人の宮大工の指揮の下、現地の職人さんたちと協力して建設を進めています。

完成予定図はこちらの動画でもご覧いただけます。

お布施、寄付のお願い

「天平山菩提心寺(てんぴょうざんぼだいしんじ)プロジェクト」では、プロジェクトの完成に向けまして、賛同・応援くださる皆様からの寄付をお願いしております。

皆様からいただきました寄付につきましてはIZCCより責任を持って、全額、天平山菩提心寺(てんぴょうざんぼだいしんじ)プロジェクトにお届けいたします。

→寄付協力ページを見る